COLUMN

ガラス工芸の教室で細工を製作するなら北陸(福井県)にある【にちようガラス】へ!初心者も大歓迎~ガラス工芸の主な技法~

HOMEガラス工芸についてのコラム

> ガラス工芸の教室で細工を製作するなら北陸(福井県)にある【にちようガラス】へ!初心者も大歓迎~ガラス工芸の主な技法~

ガラス工芸の教室で細工を作るなら初心者も大歓迎の【にちようガラス】へ

ガラス工芸の教室をお探しの方は、【にちようガラス】をご利用ください。窓や食器、小物、インテリアなど、ガラス細工は私達の生活の様々なところに用いられています。

【にちようガラス】では、ガラスをより身近なものに感じていただきたいという思いから、ガラス工芸の製作を体験してみたいという方へ教室を開いています。ガラス製作を経験したことがある方はもちろん、初心者の方も安心して取り組めるよう丁寧に指導します。

作品の製作を通してガラスの魅力や面白さをお伝えできれば幸いです。

ガラス工芸の主な技法

繊細で美しいガラス工芸には、ガラスを熱で溶かしたり磨いたり、様々な技法が用いられています。

​◆ホットワーク

ホットワークは主に吹きガラスを指し、溶かしたガラスをパイプに巻き取って息を吹き込み成形していきます。息を吹き込まずに塊のまま成形するソリッドワークという技法もあります。

​◆キルンワーク

キルンワークは電気炉でガラスに熱を加えて成形する技法で、常温のガラスを型に詰めて電気炉に入れるキルンキャスト、板ガラスを乗せた型を電気炉で溶かし自重で凹凸を作るスランピングなどがあります。

​◆バーナーワーク

バーナーでガラスを溶かしながら成形するのがバーナーワークで、とんぼ玉は金属の棒に溶かしたガラスを巻き取ってバーナーで細工していきます。バーナーで行う吹きガラスもあります。

​◆コールドワーク

熱を使用しないコールドワークは、ガラスの表面に模様を彫る切子(カットグラス)やガラス表面を薬品で腐食させて模様を出すエッチングなどがあります。

【にちようガラス】の教室でホットワークは行っておりませんが、ホットワーク以外の技法で細工作りを行っています。ぜひ一度、繊細で美しいガラス工芸をお試しください。

ガラス工芸の教室を北陸で開く【にちようガラス】

ガラス工芸の教室を開いている【にちようガラス】は、ハンドメイドにこだわったオリジナルのガラス製品を展開しています。オーダーメイドも承っており、気に入るガラス細工がなかなか見つからないという方もご要望に応じた作品を製作します。

学生時代からガラス工芸に携わり、現在でも職人として日々作品作りに取り組んでいます。これまでに培った知識や技術を活かしてガラスの素晴らしさをお伝えしますので、北陸でガラス工芸の教室をお探しの方はぜひ【にちようガラス】へお問い合わせください。

ガラス工芸の教室【にちようガラス】で自分だけの作品を作ろう!

サイト名

にちようガラス

Mail

Tel

URL

NICHIYOU GLASS 2020-